FC2ブログ

ここは、田舎から出てきたどこーにでもいそうな学生≪ちくわ≫が、日常に流れているあれやこれやを拾い集めて、ある日はすりつぶし、ある日はこねまわし、ひそやかに物語に練りなおしてゆく――そんな場所なのです。

TOEFL受けた翌々日にいまさら単語帳を眺めていた。

実質春休み初日~ これ↓読んでました。

toefl


2年前、高校を卒業する頃に友達からもらったものです。

(パラパラ見るくらいでしっかり使われずに放置されてた、友達ごめん)

その友達は、秋ごろに推薦で大学が決まっていたのですが、それを理由に怠けたくないからと、受験を控えている僕につきあって年末までよく放課後一緒に勉強していました。

そのとき彼は、そこらの受験生よりちゃんとやってんじゃないかってぐらい真剣に英語を勉強してた記憶があります。

センター試験も高3の途中の模試ではそれほどではなかったのに本番では194点(1ミス)とってました。(僕の学校は大学決まってる人もセンターの受験が必須だった)

現役生だったころの受験を思い出すと、彼と勉強の合間に夕食のうどんを食べたりスーパーの半額弁当を食べたりした思い出がまっさきに蘇って、なんだか懐かしいです。

そういえばそのときに留学したいからしっかり英語は勉強したいと彼は言っていたのですが、今年いよいよするそうで、時間は流れてるんだなぁと改めて思います。

臨床心理の勉強したいんだ~って言ってた子が「最近心理漬けだよーw」とか言ってるのを聞いたり、なんかそういうのじんわり来ます。

さてこの単語帳、基本編、自然科学編、社会科学編に分かれていて、基本編くらいは大抵わかるような単語だった気がしていたのですが、改めて見てみるとあやふやな単語がちらほら。

scrutiny(精査、吟味/※発音注意)とか、見出し語ではなかったもののameliorate([環境など]を改善する、[品種など]を改良する)とか初見でした。

それでも、知ってる単語はちゃんと「当たり前の単語」として認識できたのでひと安心です。

ほんと、高校や受験生時代の勉強ってバカにならないですね。

英単語だけは好きで早いうちから色々やってたので、平均的な高校生にはそこだけは勝ってる自信ありました。(何を偉そうに!><)

この1年はあらたまって「単語の勉強!」とかしてないわけですが、そこまで語彙力落ちてないみたいでほっとしました。

まぁ、「高校生レベルは」という意味なので、いくらでもここから伸ばさないといけないんですけどね。

特に、知っていると思っている簡単な単語をちゃんと使えるようにしないとです。

いくらやってもキリのない世界ですね~。

考えてみると高校生の頃も受験だのなんだの関係なくとも英単語・表現だけは自主的に勉強できたので、クズ大学生の「地道な努力」のリハビリにはもってこいかもしれません。

ほかの言語にもちょこちょこ手は出しますが、英語は英語で向上心忘れないようにしようと思います。

単語帳一冊で色々なことを考えました。

スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム