ここは、田舎から出てきたどこーにでもいそうな学生≪ちくわ≫が、日常に流れているあれやこれやを拾い集めて、ある日はすりつぶし、ある日はこねまわし、ひそやかに物語に練りなおしてゆく――そんな場所なのです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何も終わっていないけれど

また一年が終わった、といえばいいのだろうか。それとも上京してからの三年を、実家を離れてからの四年を、あるいは神戸から宮崎へ引っ越した中学入学の春からの十年を振り返ればいいのだろうか。

同い年の友人たちとちがって、ぼくはまだ大学卒業というミッションをクリアしていないので、いずれまたそこに立ち向かうことになるわけだが、それでもやはり区切りは区切りという感じがしていた。どんな気持ちでこの2015年の3月31日を迎えるのだろうかと、考えたこともこれまで幾度かあった。しかしいざそのときになってみれば、過去を大げさに振り返ったりするような気分ではなく、目の前のことに必死に取り組むことしか考えられそうにない。

それでもあえて書くとすると、終わってみれば ー いったい何が終わったのだろうか ー なかなか悪くない四年間だった。ほんまかいな。いやうん、ひどい四年間だったよ。予備校に通ってた年にしろ、初めて大学生になった年にしろ、仮面浪人してた年にしろ、この一年にしろ、「まぁこれ以上悪くはならないだろう」という予想を毎年更新していった。笑えないほどにクズまっしぐらだった。でも、たぶん、悪くはなかった。

近況について書こうかと何度か思ったけれど、どこまで書くべきかいつも迷ってけっきょく書かないみたいなのを繰り返しているので、気になる各位は直接きいてください(会った人にはだいたい話しているはず)。抽象的に書くならば、ミクロに見ればぼくらしくないことをしていて、しかしマクロに見ればやっぱりぼくらしいことをしている、という感じ。
スポンサーサイト

帰ってた

お決まりのというか、まぁ慣例にしていたわけでもないのだけど、帰省の終わり(KISEI NO OWARI)にはいつも何かしら書いてたので、今回も書いておく。いつだかとちがって映画のなんちゃらかんちゃらもないし、先生から変な頼まれごともしていないし、そんなに大勢の帰省ともかぶっていなかったので、今回はそれほどバタバタしないだろうと思っていたけれど、後半はわりと出かけることが多かった。前半は風邪でQOLが下がっていたのでそこをノーカンとすれば、実際に動ける範囲ではけっきょくバタバタしていたともいえる。

二月の末、進退に大きく影響する(影響力という意味ではたぶん過去最大の)手続き失敗をして、それに落胆する暇も無く人間関係上の(うすうす気づいていた)問題がはっきりして、自分のあまりのゴミ具合に、先の手続きの問題がどうでもよくなるくらいに落ち込んでいたところからの、帰省だった。どうでもよくなるくらいにというか、じっさい比較すれば手続き云々は大した問題ではなかったと思う。することがなければそのまま立ち直らないでいいやぐらいの状態だったけど、生きていく上でそういうわけにもいかないので(まして実家に帰ってそのテンションだとさすがに心配されるので)、とりあえず通常モードに戻ってるけど……というとこだろうか。どうでもよかったほうの話というか、現実的な今後の話については、直接会うことがある人にはちょこちょこ話すかもしれないし、タイミングがなかったら結局Twitterに書いたりするかもしれない。

前半は風邪で動けなかったので、病院帰りに図書館に寄って(動いてんじゃねえか)本を数冊借りてきて、それを読んだり文芸誌の原稿を書いたりして過ごしていた。東京にいるときと変わらんやんそれというツッコミはなしだ。風邪が治りかけたあたりで高校の友達とは何度か会った。

3月12日には、黒崎さんの語る世界史会という世界的なイベント(世界的とは言ってない)があって、県外から前日入り(いや日付的には当日入りなのか)していたねぎくん、エアリーズくん、セカペンの皆さんと一緒に、宮崎に実家があるぼくもなぜか一緒に泊まらせてもらって、合宿的な夜を過ごした。座敷というか、広い和室だったので、なおさら合宿っぽかった。気分をクールダウンするために散歩に出たはずなのに、真っ暗な大淀川の河川敷でぽんちゃんが突然(出てきて)走り出したり、なぜかまためがねさんごっこが始まったり、好きな色とは何かみたいな話で盛り上がってりして、むしろさらに高まったテンションで帰りついてしまって笑った。宮崎の3月にしては寒い夜で、もう少し暖かければもっと遠くまで歩いていただろうなと思う。そのあとはエアリーズくんはしんがりの記事をカタカタと仕上げ、ぼくは二号さんの原稿を読ませてもらい、ねぎくんは艦これをしていた。ねぎくんにぼくのまえがきを見てもらって、誤解されそうな箇所を指摘してもらって修正した。みんなで修学旅行っぽい話()をしたり、『回る』について話したりもした(回らない寿司を自分たちで回って食べればそれは回る寿司なのか?という話のところでねぎくんが合同説明会っぽいと言い出し、エアリーズくんが悲鳴をあげた)。エアリーズくんが「居心地がいい」といって終始楽しそうにしていたのが印象に残ってる。

翌日昼は高校の友達スギローと合流して、5人?でスシローに行った。「一貫性がある、寿司だけに」とか、あとから思い返すとすごくくだらないけどその場では絶妙みたいな発言がみんなからぽんぽん飛び出して大喜利会場みたいになり、太陽系基準で回らない寿司を実現するには太陽の中心に寿司をおくしかないのではないかという話から、宇宙寿司計画の話が始まったりした(あとで移動中ぽんちゃんが出てきたときに「スギローさんは何をしている人ですか?」「私は宇宙で寿司の研究をしている」「ほええ!」みたいなやりとりがあって面白かった)。

駅で黒崎さんとみさとと合流し(誰も時間通りに来ないのが宮崎クオリティである)、会場へ向かった。世界史会についてはまた書くかもしれないけど、黒崎さんが先生みたいに(先生なんだが)突然当ててきたりして、いい具合にみんなに話もふられて、なかなか楽しい会だった。最後に黒崎さんのおばあさまに挨拶し(しんがりの記事は伏線だったのか…!?)「いってらっしゃい! 広い世界へ!」と送り出される。やはりこの会は世界的な会合だったらしい。

その後はチキン南蛮で有名なおぐらで夕食を食べて、解散となった。ボリュームがあることで有名だったことを警告するのを忘れていて、物量に圧倒される人が続出であった。なおねぎくんが1.5人分くらい食べた。もう一泊エアリーズくんたちと泊まってもよかったけれど、一応帰省最後の夜だったので、その日は実家に帰ることにした。なんとなくまた会うだろうという予感もあったのでわりとあっさり別れた。十代のころだったら、こういうとても楽しかったあとの別れ際というのは、もっとなんというか、なかなか諦めつかない感じだったろうなぁとか思った。全体として、宮崎を出てからの縁の人たちと会えたのはなんだか不思議な感じだった。

先のことはわからないので何とも言えないけれど、順当にいけば帰省という形で宮崎に戻ってくるのは最後だったかもしれない。というのは(前々からわかっていたけれど)、高三の弟が無事大学に合格して来年から神戸に住むことになり、両親も今の家に住み続ける必要がなくなったということで、近い将来にそれぞれがそれぞれの理由でそれぞれの場所に引っ越すので、もうすぐ宮崎に実家らしい実家がなくなるからである。まぁ、最後だからどうということもなく、いつもの感じでいつもの宮崎だった。

汽笛が鳴っている。フェリーが出港するようだ。そういえば偶然だと思うけど、こちらで会った何人かが「久しぶりにこんな話をした」「長らく使ってなかった思考回路を使った」みたいなことを言ってて、場所が変われば考えることも変わるのかなぁと思ったけど、まぁそうだとすればしばらくここにいるぼくとはお別れということになるのだろうか。

なんてな(たぶんそんなことはない)。

長い夢を見た

長い夢を見た。とても楽しい夢だった。後半というか、最後のほうしか覚えていない。
覚えているところから書くと、大学の講義室で、実在か架空か思い出せないが友達と一緒にいた。哲学の講義を受けていた。女の子が延々哲学的な質問を教授にぶつけていたが、さすがにそろそろやめますといって、次の人に譲った。次の質問の男性はなぜか初対面のぼくの名前を呼び「いい名前ですね」と声をかけてきた。「ありがとうございます、よく言われます」と返すぼく。ざわざわしている。気づくと教室は高校の教室になっている(その変化に気づいたのは起きてからだけれど)。高校の教室だけど、ノリとしては小学校も入っていて、隣の女の子と席をくっつけたりとかして全体的に整然と並んでいない机。ぼくの机はどうしてか微妙に不合理な方向を向いている。細かく覚えていないけれどいろんなところでの友だちや架空のキャラクタがいて、諸々の前提を共有していた(設定だったのか、忘れてしまった今日の夢の前半部で積み重ねたのか)。ぼくは左後ろの、壁際ではない位置に座っていた。窓は左側だ。先生が、最初は成績良いんだけどあとで崩れるみたいな話(うろ覚え)を話したら、左斜め後ろに座っているみゃんあやが「それ○○君やんw」と後ろからからかってくる。学校の設定だから苗字で呼ばれるのだ。その後ろにらららぎさんもいて、起きてから思い出すとよくアニメの主人公が座っている席だった。ほかにも誰かいたように思うけど、思い出せない。みさと君が自分より前のほうに座っていて、ぐだぐだしながらも周りに溶け込んでいた。ちゃんと前を向きましょうみたいな話をされたとき、「なんでこの机はこんな向きなんだろう」みたいなことを呟いたら、机をくっつけて変な角度にしていた隣の女の子(架空キャラ)が「ごめんわざとそうした」って言って、素直に元の方向に戻してくれた。そういえばこの子はぼくが好きだったのだという前提を自然に思い出す。ここらへんが夢っぽくて、起きてから書くと苦笑しかない。CV石田彰になりそうな爽やか少年(架空キャラ)が話しかけてきて、別の女の子のために料理(かぼちゃの入ったグラタン的な何かだった)をつくりたいという。なぜだか忘れてしまったがその子のために何かしようというのはみんな考えていて、「似たような話をきいたよw」と茶々を入れると、爽やか少年らしい言い回しで交わされた。隣の女の子も交え三人で話して、その料理には特殊な温度計が必要だからできないという話になり、じゃあ買いに行こうとぼくが言うか言わないあたりで目が覚めた。
なんかもっと、キャラクタも多くて、いろんな前提がシェアされていて、その上で話が積み重ねられ進展するタイプの夢で、とにかく学校っぽかったってこと、楽しかったことはよく覚えている。世界が変わるだけでこんな自由に生きることができるのに、現実の世界のなんと制約の多いことか。自分が無意識に敷いている(強いている)枠組みというのは、思っている以上に強固なんだろうなって、なんだか淋しくなる。

夢って全部じぶんの中から生まれたものだから、心の中をある意味そのまま出していて、ち…ちがうんだ…って言い逃れできない感じがあるな。
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。