FC2ブログ

ここは、田舎から出てきたどこーにでもいそうな学生≪ちくわ≫が、日常に流れているあれやこれやを拾い集めて、ある日はすりつぶし、ある日はこねまわし、ひそやかに物語に練りなおしてゆく――そんな場所なのです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/48 神様は是が非でも私に複素解析をさせたいらしい。

どうやら有名なようですけれど、アドベントカレンダーというものをグラフ君から教えてもらって、(ほとんどアドベントカレンダーの原型は留めていないことですが)クリスマスまで毎日……に近い頻度で(←重要)ブログを書く、ぐらいはやってみようかなと思いました。思えば去年も一昨年も、12月は一番たくさん記事を書いているので、これは何とかなるんじゃないか!? と楽観視していたりします。とりあえず、今日はこの1ヶ月のことを書きます。

 

先月はやっぱり何と言っても、文学フリマが一大イベントでした。もう年内の一大イベントと言っても(ry) 何もかもが初めてでわくわくしました。一般参加サイド(?)としての感想を書いておくと、自分の興味の輪郭というものをまたひとつ知ることができる場だったなぁと思います。たとえば建築とか鉄道とか、あるいはアニメ評論あたり、全然知識はないのですが、何だかアンテナに引っかかるものがたくさんありました。同人誌という世界をついに知ってしまって、これはもう実数から複素数への拡張レベルで世界が広がった感じだ……。サークル側としての話は……またいずれどこかで書きましょう。でもともかく、色んな方に文芸誌『あみめでぃあ』を手にとっていただけて、本当に嬉しかったです。昨日は前にいた大学に届けにいきましたが、ほしいと言ってくれた人が四人もいて(実はまだあと二人くらいいる)、本当に(((o(*゚▽゚*)o)))こんな感じになってた。みなさんありがとうございました。関わって下さった方も、手に取って下さった方も。かこけんもな(かこけんについてこの6文字で済ませるのがぼくだ)。

 

“モノ書き”繋がりで続ければ、らららぎさんと初夏のあたりにスタートした共同ブログ≪みんなでしんがり思索隊≫が、再び動き出して、いい感じに加速しています。といってもぼくは、そうなってからまだ記事を書いていないので、そろそろ書きたいところですね。宣言するとやる気も出るので、約束(!)チックに記しておきますと「断念してきたこと」「私の好きな帰り道」「深刻がっている/深刻ぶっていること」「誰かのオススメを受ける理由/断る理由」あたりの記事はそろそろ書きたいです。年内に書けると良いなぁ。

 

ぐらふくんの「ぼくと『しんがり』のこと」が、とても良かった。企画した側としては、ちょっとオーバな感じがしてドキドキもしますが、こういう語りは大好きだし、こういう風に思ってくれる人がいるというのはとても嬉しいことです。ぼくもそのうち何かしら書いてもいいかもしれない。(いや、ぼくはまずはしんがりそのものを更新しような)

 

先月、あみめでぃあ絡み、かこけん絡み、しんがり絡み以外に何をしていたんだろうと言われると……何をしていたのでしょう? 品川の倉庫での某季節感のある商品の仕分けバイトをしたりはしました。いわゆるピッキングというやつで、なんとなく一回やってみたかったんですが、なかなかに面白かったです。それにしても、少し前のぼくであれば、当日の朝はもっと未知のことに怯えてびくびくして焦燥していたんじゃないかと思うのですが、完全にのんびりと向かっていて、多少はこういうところも変化しているのかな、なんてことを思いました。まあ、こんなに気軽にバイトに応募したりすることもなかったですからね(前日に応募した)。

 

それ以外だとなんでしょう、ベルクソンの時間論を扱った本(ベルクソンの原著ではない)を少しだけ読んで「面白い!!!」と転げまわったり、あとはそう、電磁気の勉強はちょこちょこと進めていたような気はします。とはいえ大して進んでないし、多分普通に全部講義に出てるのと変わらないぐらいの理解度でしょう。でもまあ、読んでいる入門書がとてもわかりやすい本で、(工学的な雰囲気でいう)ベクトル解析の基礎っぽいのもようやく理解できてきて、ほっとしているところです。なぜか電磁気をやるときはモスバーガー率が高かったのですが、思い返せば一年前も当時住んでいた寮の近くのモスバーガーで電磁気を(ただし高校物理!)ガリガリやっていたなあとか思い出したりもして、なんだかちょっと感傷的になったり。もともと電磁気はあまり得意ではなかったのだけれど、ひたすら受験勉強としてやった(特に去年は理科の勉強なんてほとんど電磁気学しかやらなかったんじゃないでしょうか……)おかげで大学物理でもスッと理解できる部分も多くて、なんだかんだ、少しずつ前には進んでいるのだなあとかぼんやり考えていました。

 

先月の半ばごろにノートに「思えば色々な誘いを断ってきた。。。」というため息が記されているのを発見しましたが、どうも最近はそのことにしょんぼりしています。ちょっとした負い目(相手に対してではなく、世間に対してというような)というか、なんだかよくわからないものによって、腰が重くなっているなぁというのを感じます。本当は、もっと話したい人だったり、出かけたい場所だったり、やってみたいことがあって、かなり具体化までしているのに、動けない……。そんな中では、ぐらふ君とようやく会えたり、大学に文芸誌もって突撃したりと、最後のほうはなかなか悪くなかった、というか、どちらもシンプルに楽しかったですね。前日に突然言い出してねぎくんの家に久しぶりに泊まりにいったのも結果的に良かった良かった。どうやら忙しいようなので次に会うのは年明けになるようだし、話したいことを溜めておこう、ということで。ふと昔のブログを読み返していて気付いたのですが、彼と会うたびに形は違えど「なんか最近勉強してる?」みたいな話とか、「お互い何がうまくいってないか」みたいな話を毎回してるなぁと気づきました。ほかにも毎回のようにする話はいくつかある、ような……。ま、そんな感じで、今月も、寒いからと言って引きこもらないように努めます。

 

ようやく、数学を軌道に乗せはじめました。といっても先月はちょこちょことベクトル解析(こっちは数学的な雰囲気でいうベクトル解析)ぽいことをしてた程度で、今月になるかならないかあたりでようやく”””やる気”””が復活なさいました。さしあたって複素関数論の基礎を進めつつ、「あーなるほど、ぼくはここを微積/解析基礎で適当にやってきたのか!」ということを拾い集める旅に出ることにしました。

 

線型代数、集合論、位相、整数論あたりは、けっこう誰かとゼミ形式でやったり自分で格闘したりした記憶があるのですけれど、解析(⊃微積)に関しては全然で、学部一年生にも置いて行かれる感じだったので、いずれはやろうと思っていたものの……こんな形で巡ってくるとは。いやあヌーベル(*ぼくがしょっちゅう様々な形でお世話になっているシェアハウスのこと)のおかげですとしか言えない。細かく言えば、ヌーベルの人が複素関数論やりたいと言ってたこと、らららぎさんの企画(これとかこれとか)による後押し、こはくさんの記事Nayukiさんの謎のレーダーチャートを見て「ヌーベルで数学の『普通の人』(*上記こはくさんの記事参照)を目指すか~」って思ったこと、などなど。ほかにも、前の大学の友人うだやんから反復関数系の自主ゼミやろうぜって言われたことも大きい(予備知識として複素解析の基礎が必要)。もちろん、「何があっても安心して続けられる勉強は今のところ数学だけっぽいな」っていう再認識だとか、単純にぼくが地元にいるこあつー君と数学遊びしたいというのだとかも大いに関係あります。前にも書きましたが、ぼくは友達がほしくてというか友達としゃべりたくて数学をやっています!!!!!! ……これらがほとんどがこの数日に起きた心の変化なので、神様がぼくに複素関数論やらせたいとしか思えない展開で、本当に世界というは面白いですね。

 

できれば近いうちに数学にまつわるまとまった文章は書こうかと思っています。ここに書くのかはわかりませんが、親しい人には見られる形にするんじゃないかなぁと。ご期待は乞いません。そんなこんなでたくさんの数学にまつわる約束を踏み台に、ぼくは明日からも生きていこうと思います。(できることなら語学も元の軌道に戻りたいところだけれど、まああまり多くを望みすぎると沈むよね。)

 

何もかもがだめだめで、もう絶望的にだめだめな中、一応、ここには書きませんが方向性を多少定めたりもして、まあそれもまた言ってしまえばある種の逃げではあるんですけれど、とにかくそろそろ年が変わる前には自分の求めていた生活を築こうと思います。いつも心に中二病、ですね。おわり。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。