FC2ブログ

ここは、田舎から出てきたどこーにでもいそうな学生≪ちくわ≫が、日常に流れているあれやこれやを拾い集めて、ある日はすりつぶし、ある日はこねまわし、ひそやかに物語に練りなおしてゆく――そんな場所なのです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たとえば、1年分の日記を練るとして(バイバイ、2017年)

2年ぶりの、人生で4度目の、実家に帰らない年末で、それもあって年末感がない。紅白のコナンくんも観てない。年末だからとブログを書こうとはしてみるけれど……そうだな、でも、Twitterでも追わずに、このブログだけを見てくれているひとなんて、ほとんどいないだろう。あ、こないだひとり、会ったっけ。

良い一年だった。ほんとうに二十代になって初めてといってよいような、底抜けに穏やかな一年だったし……、大きく束ねてまとめられるようなこともないから、単なる、日記として書こう。

19歳のぼくを知る友人と6年ぶりに再会した。ぼくはたぶん、あのころは若かったねと、あのころは必死だったねと、なにより「あのころはあのころだったね」と、ずっとあのときのひとたちと話したいと思っていたんだと思う。もちろんそれは、四捨五入して二十歳だといえていたころの、いまよりもウェットで切実な感情ではなくなっていて……、たぶん、「そういう物語をそういう物語として掬いたかったころのぼく」を救いたいというような、マトリョシカのように重なったぼくをひとつひとつ日に晒して供養したいというような、今あるのはそういう穏やかな気持ちだった。それでもやっぱりというのか、だからこそというのか、ほんとうになにかがそっとすくわれたような、そういうきもちになった。からりと笑いながらこんなことを話すのは、回顧ちくわ(懐古ちくわ)には難しかったかもしれないから、そんなぼくを解雇してここに至るのにこれだけの時間が必要だったのなら、それもよかったのかもしれないね。ともかく、こうして会えてよかった。(白状すると、当日のテンションで書いためもを切り貼りしたので長くなってしまった)

22歳のぼくを知る友人と3年ぶりに再会した。会うとは思わなかった。そしてもうきっと会うことがないかもしれないけれど、会えて嬉しかった。突然だったのでそんなことさえも言えなかった。ぼくはこの3年、ずいぶんと変われたつもりでいたけれど、成長したつもりでいたけれど、あなたと会って、そんなことはなかったような気がしてしまった。わからない。そんなこと、あなたにはなにも関係ないことだけど。でもというか、なんというか、説得力がなくなってしまったけど、教えてもらったことがたぶんたくさんあって、ありがとうといいたかったのです、もう忘れてしまったようなことも含めて。どうかお元気で。

こうやって過去について書けばいくらでも饒舌に語れるが、いまのこととなると、今年のこととなると、筆が止まる。だけど、ぼくは現在の大切さを噛み締めている。大学で、勉強の話を含めていろいろ話せるような友人ができた。3年ぶりくらいにそういう友人ができた。ので、とても良かった。小学生の感想みたいになったけど、ほんとうに、春からこちら、ほんとうにごく普通に大学生ができた。春休みぐらいは最高に勉強意欲が低迷していたのが嘘のようである。そりゃあ嫌なこともあったけれど、成績も、日常の勉強も、それなりに安定していた。

あとはそう、どう書けばいいのかわからないけれど、ぼくのもとで羽を休めてくれるひとがいて、とても感謝しています。ぺこり。

ふむ、やはりぼくはいまのことを書くのがずいぶん下手くそになってしまったと思うな。青い鳥のSNSも、もうすこしこう、いまぼくを通過しているあふれんばかりの欲望とかをかくばしょだったと思うんだよね、欲望っていうか、じぶんの自覚をはんぶんくらいしか通していないなにかね。もうそこにはもどれないな。歳をとったのだな。といういいかたが、すでにもうとてもベタ(真顔に戻る)。

来年の目標は、真人間になる、あるいはその準備をする。無限に続くかと思われた学生生活も終わりが近づいている。今とっている授業をとりきれば卒論以外の単位はようやくすべて回収できる。そして順当に行けば、つまり春学期に卒論を出せば、半年後(6月)には卒業か。その後のこともこれから決まる。来年のことをいえば鬼が笑う。

さて、実家から届いたそばでも茹でようと思ってたけど、間に合うかな。ぜったい間に合わないな。はい。よいお年を。

.
スポンサーサイト
コメント
No title
初めまして。何度かコメしようかと思いましたが迷ってて、深夜テンションで初コメしますw
昔読んだ時に想像していて言いたかった事は、忘れかけている事もあるけれど、今と過去どちらも僕を形成するのに必要なんだと思います。
なにか色々話したいことはあるのですが、とにかく、僕を僕のままいさせてくれてこの3年あたり随分救われました。ありがとうございます。
2018/03/31(土) 01:26 | URL | #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。