FC2ブログ

ここは、田舎から出てきたどこーにでもいそうな学生≪ちくわ≫が、日常に流れているあれやこれやを拾い集めて、ある日はすりつぶし、ある日はこねまわし、ひそやかに物語に練りなおしてゆく――そんな場所なのです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五月病延長申請の書類は、電車とホームの間へと吸い込まれていったのだった

今学期、気付いたらいろんな授業が削られていき、ロシア語と数学が2つだけしか生き残っていないのに、その勉強とバイトだけですぐ一週間が終わっています。

どうも(履修どうこうに限らず)僕は一度に色んなことをやろうとしすぎたようです。

身体性をもちだすまでもなく、一度にできることなんて本当に限られているのに……。

高2ぐらいのとき、陸上部の練習を終えてから劇団の稽古に向かって、帰ってきたらアニメ観て、たまの休みには友達と映画作って勉強もまあそこそこにはこなして……みたいな恐ろしく充実した生活をしていた時期もりましたが、今思えばあれがかなり例外だったんだなと思います。

言うまでもなく、家族の支えもあったでしょうし。

思い出すなら、受験生の頃を思い出すべきでした。

さしあたって受験勉強だけしか「やるべきこと」はない状態だったあのときでさえ、時間が十全にあったなんてとてもいえなかったわけです。

数学、英語、現代文、古文漢文、物理、化学、倫理政経!

あぁ、一年と言わず数年遊べる素材でしたね、あれは……。

受験時代って、自分が「このぐらいの期間、このぐらいの集中度合いで、どのくらいの量をこなすことができて、その結果どのくらい記憶に残るものなのか」のお試しとしては最高だったんだなと思います。(あれほど「今やってること」の純度の高い時期ってそうそうないでしょうから)

何となく「受験生の時アレをあれぐらいやって定着率があんな感じだったんだから、多分これをやるのはこの程度じゃあだめだろうなぁ/このぐらいの時間が必要だろうなぁ」みたいな思考はあちこちで使ってる気がします。

僕は優柔不断で、あれもやりたいこれもやりたい、でも結局なにをやりたいの?が決められないまま何年もすごしてきました。

専攻で言えば未だに人文系の森と数学の森をさまよっていたり。

で、まぁ、さまようのはいいと思うんですよ、でも実際にそのときどきで具体的にやることっていうのは、しっかり決めて集中してやらないといけない。

どうも僕は自分が「ものを知らない」ことに対してコンプレックスに似た感覚をもっているみたいなんですね。

「まぁ君には〇〇はわからないかもね」「今時の若者は」「えっ〇〇も知らないの」「これだから理系は……」「〇〇くらい読んでるよね」「今年の20歳の投票率は」とか聞くだけでふさぎこみます。ふえぇ。

で、あれもこれもやろうとする……。

でも時間のないときはそれだと何もかも崩れそうなので、一旦落ち着こうと思います。
とりあえず頭おかしくなりそうなので夏休み前まではロシア語を最低限だけやりつつ、あとは数学に絞って時間を使うことにしました。

(夏は、分野とわず積んである本を崩したいです……)

「数学」だって広すぎるような気もするけど……、まぁ、まずは去年落とした微積をがさごそ拾い上げます。

あと、集合たのしいね集合、ふふふ。

いつも心に中二病を。ばたり。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。