ここは、田舎から出てきたどこーにでもいそうな学生≪ちくわ≫が、日常に流れているあれやこれやを拾い集めて、ある日はすりつぶし、ある日はこねまわし、ひそやかに物語に練りなおしてゆく――そんな場所なのです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

n+1度目の再開

もう日付が変わっていますが11月1日づけで更新します。

明日から学祭ということで午後が休講になりました。

去年は語学のクラスで屋台を出していたこともあっていかにも学祭ムードって感じでしたが、今年は特に関わっていないので、「あーもうそんな時期まで回ってきたのかぁ」の一言がすべてですね。

去年の11月といえば、某懸案事項を処理し終えて多少時間に余裕が出て来はじめ、気を抜いてたら飛行機乗り損ね奴~~~からのごたごたがあって色々(中略)あって、心に穴が空くこともあったけれど同時にとりあえず勉強を軸に日常生活が回り始めた時期でした。

友達と自主製作映画(笑)を撮りはじめたのも11月か。

そんなこんなから一年経ちましたが、結局どうなったかというと、客観的に「大学生としてまともにやれているか」という指標だけで見ると回復どころか悪化している気もs……まぁ、ほらあれです精神状態は格段に安定しています。

どんな生活を送るにせよ、最低限自分の納得する毎日を送ってはおきたいと思い、ひとつのきっかけづくりとしてなんとなくこのブログに戻ってきました。

誰も呼んでないだろうけど。

誰も読んでないだろうけど。

一度は誰でも考えたことがあると思いますが、「書く」の核は”何かを決めること”だと思います。(カクのカクが言いたかっただけなんてそんなことは)

「書く」ことも「決める」ことも、多分に緊張感を伴う行為なんですよね。

倍音のようにあるいは電子雲のように複数の考えが重なっている中で、ほかの全てを捨ててただひとつに絞らなければならない。

書くことでいえば、複数ある可能性の中から一本のロジックだけを選び取って偉そうに書きつけないといけない。一筆書きで。

それが最善かどうかなんてわかるはずないので、そのたびごとに、ラフなスケッチにペン入れをするあの緊張を感じることになります。

そして、書いた後ですらそれが正しいかどうかなんてわからないわけです。

それでも、何かを決断すること/何かを書き残しておくことは、次への踏み台になる、と思います。

去年自分が書いた記事を読み直しても、(文章や思考の稚拙さはさておき)何かしら足がかりになる程度のものは残せていたかな……とは感じられました。

これまで長い間、僕はあまりにも多くのことを「決めなさすぎた」、それがあれやこれやの小さな失敗の一因なのは間違いないようです。

だから、今度こそ……。

n+1回目の三日坊主、始まります!(ここでオープニング主題歌に入る)

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。