FC2ブログ

ここは、田舎から出てきたどこーにでもいそうな学生≪ちくわ≫が、日常に流れているあれやこれやを拾い集めて、ある日はすりつぶし、ある日はこねまわし、ひそやかに物語に練りなおしてゆく――そんな場所なのです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014春休み前 最終週(水)

半ば予定通りだけれど、記事タイトルが形骸化してきた。今日は講義に出ていないのに最終週も何もあったもんじゃない。まぁ、そんなことはおいといて、何か書いていく。今日も今日とて中身のない雑文。手記手記手記。

いい加減に早いとこ終わってくれという思いだけがある。何ができないことより自分の勉強したいことが勉強できないというのがある意味ではいちばん辛いんだなぁと身に沁みてわかる。

「もし~なら××できるのに!」に対して、「いや、お前は実際に~だったら××なんかしていないはずだ。~じゃないからそう言うだけだ」みたいな反論はよくなされる。言いたいことはわからないでもないんだけれど、僕がこの構文を使うときは、わりと正しい予想ができている自信がある。つまり「~」部が現実化した暁にはきちんと××することだろうという予想。大学一年の前半に某多忙団体に入ってしまって抜けようとしたときにもこの手の応酬があって、そのとき実際にやめたあとの僕は予想通りにどっぷり自分の勉強に浸れたのだった。「やめたらやめたでぼーっと過ごすことになるよ」というような引き止めの文句は間違っていたことを証明できたし、個人的にも自分の判断にはわりと自信がついた。

抽象的なことばかり書いているけれど、要するに今ある制約がなくなったらそれなりに充実した生活を送れるだろうと僕は確信を持っているということが言いたかった。おわり。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
最新記事
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。